HOME >治療院だより

印刷このページを印刷する

News from T.C.M.

2018年6月号 「足反射区療法と八宝茶」


足反射区療法とは、足の経絡にそって足の反射区を刺激することにより、血液の循環とリンパ液の流れを活性化させ、代謝を促進することで全身の疲れを取り除く治療法です。専用のクリームを擦り込むようにして、手指で丁寧に足の反射区を刺激していきます。下肢にたまった静脈血やリンパ液を心臓に向かってマッサージをすることにより、溜まった老廃物を流し、【むくみ・冷え性・足の攣り・だるさ・胃腸の不調・不眠症・月経前症候群・月経痛…等】に効果があります。

さらに、免疫力アップも期待でき、病気の予防にも大変効果的です。
※当院では、治療効果をより高めるために、治療前に足薬湯、治療後に八宝茶(中国生薬茶)の提供を行っています。

《足薬湯》 足薬湯は、生薬の効能を最大限に引き出すために煎じられたものです。少し熱めの足薬湯に足を約15分間浸けていただき、しっかりと暖めます。足薬湯に含まれる漢方生薬(紅花・地膚子・蛇床子などの生薬配合)効能は、

  • 活血:血液の循環を促進
  • 行気:気の流れを促進
  • 利湿:水分代謝を改善

《八宝茶》 八宝茶とは身体に良い生薬をブレンドした健康・美容茶のことで、8つの生薬成分が体の中の毒素・老廃物の排出を促します。
※「八宝」とは「8つの大切なもの」という意味。

当院では
「杭州白菊(こうしゅうしらぎく)」「玫瑰(まいかい)」「枸杞子(くこし)」 
「山査子(さんざし)」「小棗(しょうそう)」「甘草(かんぞう)」「陳皮(ちんぴ)」
「桂圓肉(けいえんにく)」の8つをブレンドしています。

治療の後、足反射区への刺激で胃腸などの消化器系臓腑の働きがよくなっているところへ、解毒(老廃物を代謝)の治療効果がある八宝茶(中国生薬茶)を飲んでいただくと、更にデトックス効果が高まります。

「足は第二の心臓」ともいわれ、足裏は、たくさんの内臓と関連するツボがあり、身体の臓器や器官と反射的なつながりがある神経が多く集まっているところです。胃腸をはじめ、肝臓、心臓、子宮の働きに効果がある足反射区療法は、継続することで、健康を維持する為の大きな助けとなります。

ホームに戻る   ページのトップへ